格安スマホはなぜ安いのか

大手キャリアから格安スマホに変更すると「料金が安くなる」というのを知っている人は多くいると思います。料金が安くなるというのは大きなメリットです。大手キャリアの一般的な料金として月々6000円から10000円くらいになりますが、ショップが多く点在しており、わからないことがあれば店舗まで行けばサポートしてくれますし、格安スマホのように様々な事業者で回線を共有していないため、お昼や夕方、夜などの通信回線の利用が混み合う時間帯でも安定してスマホを利用できるというメリットがあります。

一方、格安スマホのメリットというと、最初に説明した大手キャリアよりスマホの月額料金が安くなるというものがあります。大手キャリアと比較してみると、大手キャリアの最低料金として、4900円から5500円程度です。それと比べて格安スマホの場合は、音声通話3Gプランで約1600円程度で利用することができます。しかし、通話かけ放題や安心パックなどオプションになっているので、オプションをつければつけるほど料金が上がっていく仕組みになっています。

なぜこんなに格安スマホは料金が安いのかについてですが、それは「スマホ本体の価格」にあります。大手キャリアのスマホ本体価格は、どこも似たり寄ったりです。一括で支払うとなるとiPhoneなら約8万円から10万円程度、Androidなら約6万円から9万円程度します。しかし、格安スマホになると本体価格が「1万円から7万円程度」で購入することができます。

大手キャリアでも格安スマホでも一括でスマホ料金を支払ってしまえば大きく差が出ないのですが、大半の方がスマホ本体料金を分割払いにします。すると毎月支払うスマホ料金には大きな差が出てくることになります。

では、格安スマホは安いことは理解してもらえたと思うのですが、「本当に信頼できるのか」と疑問に思います。格安スマホを製造している会社は複数あり、「ASUS」や「ファーフェイ」「ZTE」「京セラ」などが有名です。どの会社も販売しているスマホは、高性能なスマホが多くあり、京セラのスマホである「Xperia」は、高級機なのに低価格で販売されており、スペックだけを考えればiPhoneよりXperiaの方がいいという声もあるくらいなのです。

格安スマホについて説明してきましたが、月額料金が安い分、メリットやデメリットがあるのは当然です。とにかく月額料金を抑えたいと思っている人には、格安スマホはおすすめできます。しかし、アプリを複数取る人や仕事で使用している人などには格安スマホは少しデメリットになる部分が出てくるかもしれません。